テーマ:植草一秀氏の『知られざる真実』

厚労省村木元局長冤罪事件検察大失態の責任

厚労省村木元局長冤罪事件検察大失態の責任 厚生労働省の元局長村木厚子氏が巻き込まれた冤罪事件の第11回公判が3月4日に開かれ、石井一民主党参議院議員が証人として出廷して証言した。 犬検察は2004年2月25日午後1時に「凛の会」倉沢被告が石井議員に事務所で面会して依頼したとのストーリーを創作して犯罪事実の存在を主張している。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腐敗検察の横暴・暴走を断ち切らねばならない検察の暴走が続いている。

腐敗検察の横暴・暴走を断ち切らねばならない 検察の暴走が続いている。 昨年の「三.三事変」、本年の「一.一五事変」により、検察の暴走、政治権力による検察権力の不正利用が誰の目にも明らかになった。 「三.三事変」は政権交代の是非を問う決戦の総選挙を目前にした時期に、野党党首を狙い撃ちにした政治謀略であった。何よりの証…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森ビル・清和会・検察の抜き差しならぬ関係

森ビル・清和会・検察の抜き差しならぬ関係 昨年末に「地獄への階段」様が公開くださった衝撃的な事実を「リチャード・コシミズブログ」様、「ライジング・サン(甦る日本)」様、「父さんの日記」様、「南華のブログ」様が、改めて紹介くださっている。 衝撃的な事実とは、渡辺喜美氏の政治団体「喜世会」と森喜朗氏の政治団体「経済政策懇談会」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山総理「どうぞ闘ってください」は正論なり 

鳩山総理「どうぞ闘ってください」は正論なり  鳩山由紀夫総理大臣が小沢一郎民主党代表周辺に対する検察当局の捜査に対して「全面的にしっかり対決してゆく」としたことについて、「どうぞ闘ってください」と発言したことをメディアと野党が批判している。 しかし、鳩山首相発言に問題は何もない。 鳩山首相は行政権の長の立場にある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陸山会収支報告書に4億円借入記載の重大事実

陸山会収支報告書に4億円借入記載の重大事実 検察とマスメディアがタイアップして小沢一郎民主党幹事長の政治資金に関する疑惑情報を垂れ流している。 政権交代が求められたのは、日本政治を刷新するためである。 日本政治の何を刷新するべきなのか。 第一に「官権政治」を「民権政治」に代えることだ。明治維新でどのような日本を作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスメディア偏向報道と田原総一朗氏の降板

マスメディア偏向報道と田原総一朗氏の降板 マスメディアの鳩山政権攻撃に拍車がかかっている。CIAとの関わりが深いと見られる読売系列テレビの偏向報道も激しい。土曜日朝の「ウェークアッププラス」、金曜日夜の「太田光の私が総理大臣になったら」、平日夜の「NEWS ZERO」がその代表である。「太田総理」12月11日の放送では、2010年1月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亡国経済政策への誘導灯になる「デフレ宣言」

2009年11月21日 (土) 亡国経済政策への誘導灯になる「デフレ宣言」 鳩山政権の副総理兼国家戦略・経済財政担当大臣を務める管直人氏が11月20日の閣議後懇談会で、「日本経済はデフレ状況にある」との認識を示した。政府が「デフレ宣言」を発表したことになる。日本政府は2001年3月~06年6月までの5年以上の期間、「デフレ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

司法官僚裁判所支配に触れた佐宗那皇氏の急逝

司法官僚裁判所支配に触れた佐宗那皇氏の急逝 本ブログ11月11日付記事に 「新藤氏『司法官僚』が示す司法制度改革の原点」 を掲載した。 『司法官僚』 司法官僚―裁判所の権力者たち (岩波新書) 著者:新藤 宗幸 販売元:岩波書店 Amazon.co.jpで詳細を確認する …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『予算配分と所得配分見直しが優先課題』

『予算配分と所得配分見直しが優先課題』 アメリカ東インド連合艦隊司令官ペリーが黒船で来航したのは1853年6月3日だった。幕府軍との新政府軍との戊辰戦争が箱館で終結し、名実ともに維新が実現したのは1869年5月18日だ。 1993年6月18日に宮沢首相が内閣不信任案可決を受けて衆議院を解散した結果、細川政権が誕生し、55年体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植草一秀氏の収監を目前にして(その3)

植草一秀氏の収監を目前にして(その3) ―企業献金全面禁止の意義- 選挙権を持たない企業が、金の力で、政治を左右してよいのか!             弁 護 士  鬼 頭  栄 美 子 元最高裁長官が、八幡製鉄献金事件昭和45年最高裁判決は、政治的配慮から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more