テーマ:マフィア

マカオ・ギャンブル市場に現れたユーラシアの未来図?

マカオ・ギャンブル市場に現れたユーラシアの未来図? 「サブプライムに続く、新たなギャンブル市場」より続く。  ギャンブルでの売上が、2007年度で世界一位となった、マカオ。 長年、マカオのギャンブル市場=マフィア組織を仕切って来たスタンレー・ホー一族。このマカオのギャンブル売上が、シンガポールへの投資資金となって…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国=ロスチャイルドが建設を開始したユーラシア横断鉄道

中国=ロスチャイルドが建設を開始したユーラシア横断鉄道  中国は、ウイグル=パキスタン間を含むインド、パキスタン、バングラディッシュ、中国を結ぶ大陸横断鉄道=通称ランドブリッジを、今後3年間で17000km建設し、さらにロシアに触手を伸ばしつつ、中央アジアを経由し、やがては東欧・西欧へと至るユーラシア横断鉄道の建設に動き出した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリフォルニア・ワインを作ったグルジア人

カリフォルニア・ワインを作ったグルジア人 書籍紹介 : 廣瀬陽子 「コーカサス 国際関係の十字路」 集英社  ロシアとグルジアの間で、紛争状態が続いている、 本書は、このコーカサスの複雑な歴史、民族問題を、ほぼ網羅した情報データ集である。その複雑さ、入り組み具合は、「イルミナティ陰謀論者の恐ろしく単純化され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マフィアに乗っ取られたCIA

マフィアに乗っ取られたCIA  1975年、ユナイテッド・フルーツUF=チキータ・バナナ社の社長イーライ・ブラックは、UFの本社ビルである高層ビル最上階の社長室の窓から、何者かによって突き落とされ、殺害された。 ブラックが窓から突き落とされまいとして、大型のデスクに、しがみ付いたため、窓とは反対側にあった大型デスクは、窓際ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マフィアの部下であった米国中央銀行FRB議長

マフィアの部下であった米国中央銀行FRB議長  ロシアン・マフィアの対外進出の出発点となった、米国のジャクソン・ヴァニク修正法。 この法律は、ソ連=ロシアが、自国内のユダヤ人達のイスラエルへの脱出を認める事と引き換えに、米国が敵国ソ連に対し関税の優遇措置等の最恵国待遇を与える、という内容であった。しかも、ユダヤ人であるかどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアン・マフィアの乗っ取りファンド

ロシアン・マフィアの乗っ取りファンド  ロシアのプーチンが、原油高騰による、あり余るオイル・マネーで、対外的な乗っ取り・買収ファンドを創立した。 エネルギー以外に、特に輸出品の無いロシアが、今後、ユーラシア大陸企業として、また「日本を窓口」としての太平洋への「進出」を目指し、技術力のある日本企業の買収に乗り出して来る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more